京都府獣医師会

>
犬の登録狂犬病予防注射

 

 

 

犬の登録・狂犬病予防注射

 

狂犬病予防法に基づき生後91日以上の犬を所有している方は、所在地の市町村に生涯に一度の犬の登録を行い、狂犬病予防注射を毎年1回受けさせることが義務づけられています。犬の登録及び狂犬病予防注射を受けさせる方法は、毎年春に市町村が実施する「集合注射会場」のほか、「動物病院」で受けることが出来ます。

京都府獣医師会では、指名獣医師を選定し、市町村と協力して、京都府内(京都市を除く。)にお住まいの方が指名獣医師が常勤している動物病院で狂犬病予防注射を受けられた場合には、鑑札又は狂犬病予防注射済票をその場でお渡しできます。市町村への手続きは京都府獣医師会が責任を持って行いますので、安心して受けさせてもらうことが出来ます。

 

 

集合注射会場の案内

4月〜5月に京都府内(京都市を除く。)全域で開催され、市町村広報誌にも掲載されます。
毎年4〜5月実施しますので、その後は、動物病院で受けさせて下さい。

 

 

動物病院での受診案内

お近くの動物病院(指名獣医師)で犬の登録・狂犬病予防注射を受けさせられます。
動物病院(指定獣医師)は、こちら(健康相談・飼育管理相談もお受けします。)

 

 

京都府内市町村別頭数・各種報告書

狂犬病予防注射頭数

 

 狂犬病予防関係様式例